mori_masayuki
◆プロフィール

一般社団法人 日本刑事技術協会 代表理事
経営者の「人の悩み」解決コンサルタント  

警察の元警部。詐欺、横領、贈収賄事件等を扱う知能・経済犯担当の刑事を約20年経験。 東日本大震災を契機に独立し、刑事が職務上体得したスキル、知識を用いてビジネスの発展と社会生活の向上に寄与することを目的とし、一般社団法人日本刑事技術協会を設立、現在は代表理事として「ウソや人間心理の見抜き方」を主なテーマに大手企業、経営者団体など毎年全国180か所以上で講演・企業研修を行い、これまで6万人以上が聴講、「究極の心理学だ!」「おもしろい!」と人気を博している。
TBS「ビビット」、日本テレビ「月曜から夜ふかし」、読売新聞、日経新聞などメディアへの出演、掲載も多数。著書に「元刑事が教えるウソと心理の見抜き方(明日香出版社)」、「元知能犯担当刑事が教える ウソや隠し事を暴く全技術(日本実業出版社)」がある。

研修実績

ソフトバンク、NTT東日本、神戸製鋼所、三井不動産、JXエネルギー、三井住友海上火災、プルデンシャル生命保険、日本政策金融公庫、みずほ総合研究所、東京消防庁、千葉日経懇話会、東京商工会議所、東洋大学など(敬称略、順不同)
採用面接は「情報収集」が目的。相手が持っている情報を引き出して採用の成否を決めているため、この研修では採用面接の基礎を知り、情報を引き出すための質問法を中心に学べる。  
・刑事が現場で培った「非言語コミュケーションに着目した心理の見抜き方」が学べる。 
・刑事が取調べや事情聴取で情報を引き出す際に使う「刑事的質問法」が学べる。 
・相手の心理に敏感になるための「ウソの見抜き方」が学べる。
面接で良い人材を採用したい。 しかし、面接の短い時間では人の内面は完全には見えません。 
また、採用面接の現場では応募者の真意がわからずに誤った採用をしてしまう現実があります。 
そのためこの研修では、応募者から正しい情報を得て、正しい採用ができるように情報を引き出すための質問法を中心に学びます。
moriyukimasa
morimasaki11
aa1096328c1d3d73fd2bc37ed03431b3

元刑事が教えるウソと心理の見抜き方
明日香出版社  2016/9

「元知能犯担当刑事が教える ウソや隠し事を暴く全技術(日本実業出版社)」

元知能犯担当刑事が教える ウソや隠し事を暴く全技術
日本実業出版社  2020/5