上澤 彰

上澤ププロフィール

店舗の魅力化、活性化コンサルタント。
ブランド・マネージャー認定協会 認定トレーナー
VMDインストラクター協会 シニアVMDインストラクター
商空間スタイリスト® 資格認定講師
日本販売士協会 登録講師

東京都大田区出身、法政大学卒業。
大学卒業後、婦人アパレル会社に入社。百貨店事業部のトップ営業となり、その後小売専門店チェーンを展開する企業に転身。
新規業態店の開発及び20店舗以上の新店舗を立ち上げ、商圏内に100店舗以上の競合店が増える中、既存店舗の付加価値向上とCRMを推進、外部入社者として最年少での事業部長を経て取締役経営企画、副本部長を歴任。
事業部長を務めてからは、連続15年間業績を上げ続け事業規模を1.5倍に成長させる。在任中は300人以上の部下を統括してきた小売経営のスペシャリスト。

2018年に小売店の魅力化、活性化コンサルタントとして、Plus Retail(プラスリテイル)を設立。現在は、主に小売店向け店舗総合研修のほか、資格を保有しているシニアVMDインストラクターとして「商空間スタイリスト®」というVMD資格認定研修を自社セミナールームで開催している。

VMD(ビジュアルマーチャンダイジング)とはなんでしょうか?
商品を見やすくディスプレイする事?視覚的に美しい売り場を作る事?
いいえ、違います。 VMDとはお客様の視覚に訴えるマーケティング手法やその仕組みの事を言います。
つまり、限定的な意味でのディスプレイとは異なり、どのように買ってもらうか、という提案手法を 具体的に品ぞろえ政策や売り場づくりに落とし込む事がVMDなのです。
本研修では、VMD理論がどういうものであるかをわかりやすく解説し、VMDのディスプレイ体系であるMDPの役割や表現方法などに関する理解を深めていきます。
VMD本来の目的である、売り上げアップにつながる知識を、実際に手を動かしながら楽しく学んでいきましょう。
現代のデジタル化社会において、消費者の買い物におけるメインフィールドは実店舗から利便性の高いECコマースに移りつつあります。
その結果、小売業界は殆どの企業が非常に厳しい状況に置かれていると言っても過言ではありません。
しかし、このような状況であってもきちんと売り上げを上げ続けている店舗は確実に存在しています。
そのような店舗や運営している企業に共通して言える事は「実店舗にしかできない魅力化に成功している」という事です。
今後ますます加速するデジタル化社会で戦っていくうえでVMDやブランディングに関する正しい知識を身につける事は、きっと貴社にとって強力な武器となる事でしょう。 是非、そのためのお手伝いをさせて頂ければと思います。